月刊マネー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

相続税に強い税理士を簡単に探す方法

相続税に強い税理士を簡単に探す方法

相続税対策において、もっとも重要で難しいことは相続税に強い税理士を探し当てることです。

税理士の全てが相続税対策に精通しているわけではありません。

相続税対策はお任せください!」と宣伝する税理士の言葉を鵜呑みにするのは危険です。

本記事では、相続税に強い税理士を簡単に探す方法を紹介します。

相続税に強い税理士を簡単に探す方法

相続税に強い税理士を探す方法を以下のテーマに沿って紹介します。

  1. 相続税に強い税理士が少ない理由
  2. 税理士紹介サービスの比較

相続税に強い税理士が少ない理由(A)

年間の相続税申告件数は約4.7万件ですが、登録税理士数は約7.1万人です。

税理士1人当たりの年間相続税申告件数は約0.66件ということになります。

つまり税理士の中には年1件も相続税の申告を経験していない方々が存在するということです。

平成27年度の税制改革により、相続税の支払いは一部の富裕層だけという時代は終わりました。

今まで法人や個人事業主が主な顧客だった税理士までもが相続税対策の仕事を探しています。

確かに、相続税に強くない税理士でも相続税の申告手続きをするのは可能です。

しかし、相続税は一度手続きをすれば、それで終わりというものではありません。

相続税は日本に住み財産を持ち続ける以上は、ずぅ~っと、逃れることができません。

そして、税制改正という名の増税は度々起こりうるものです。

短期的な視点ではなく、長期的な視点で助言してくれる税理士に相談しなければなりません。

さて、ここからは税理士紹介サービスについて紹介していきます。

しかし、もしも自力で信頼できる税理士を探す場合には以下の条件で探してみて下さい。

  • 年間の相続申告件数が30件以上の税理士もしくは税理士事務所

念のため補足しておきますが「相談実績」ではなくて「申告件数」であることが重要です。

税理士紹介サービスの比較(B)

税理士 紹介

上図は、4つの税理士紹介サービスを比較したものです。
(縦:対応業務、横軸:サービス各社)

各サービスの評価は、公式情報により「月刊マネー」の編集部が判断したものです。
是非ご自身の目で確かめてください。

オススメは、全国対応で生前対策にも強い「バスクリエイト」です。

また、首都圏にお住まいの方は「全日本相続専門所」の公式情報も確認してください。

なお、公式情報は以下から移動してください。

公式情報

  • バスクリエイト

    実績重視ならおススメ

  • 公式情報
Return Top