月刊マネー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

トレンドアフィリエイト記事の書き方!アクセス爆発までの手順

トレンドアフィリエイト記事の書き方!アクセス爆発までの手順

トレンドアフィリエイトの記事をどうやって書いたらいいのか?

月間70万PVのトレンドアフィリエイト経験者の立場でお答えします。

当初わたしも、気合を入れて書き上げた文章ですら自信が持てませんでした。

投稿した記事にアクセスが集まらないときは強烈な虚しさを感じました。

でも、いくつかのポイントを意識したら面白いようにアクセスが伸びたんです。

あなたも真似をすれば、面白いようにアクセスが伸びる可能性は十分あります。

是非とも参考にしてください!

トレンドアフィリエイトの記事の書き方

【目次】

  1. テーマ決定
  2. キーワード選定
  3. 競合調査
  4. 記事の構成
  5. 本文作成
  6. 関連記事の紹介

テーマ決定(1)

記事を構成する必須要素はたった2つだけです。

なんだと思いますか?

答えは、「テーマ」と「テーマに対する答え」です。

ですから、まずは「テーマ」を探す必要があります。

テーマとは、「検索者の解決したい悩み」と理解すれば十分です。

検索者がどんな興味・悩みをもって検索するのがじっくり考えましょう。

芸能系のネタで記事を執筆する場合の例を挙げておきます。

  • ○○の熱愛相手は誰?
  • 熱愛発覚した原因は?
  • ○○の家族構成は?
  • 熱愛相手との共演歴は?
  • ○○の恋愛遍歴は?
  • ○○は未婚か?既婚か?
  • ○○の出身地は?
  • スクープした雑誌社は?
  • スクープは信頼できるのか?
  • ○○本人の公式コメントは? etc

以上のように、箇条書きにする手間を惜しんではいけません。

なぜならば、それら一つ一つが「テーマ」の候補となるからです。

テーマ候補を書き出したら、中心となるテーマを1つだけ抜き出します。

今回は、「○○の恋愛遍歴は?」を中心となるテーマにしたいと思います。

目次に戻る↑↑

キーワード選定(2)

中心テーマを決めたあとは、キーワード選定をします。

難しいことを考える必要はありません。

「○○の恋愛遍歴」を知りたい人が検索するであろうキーワードを探します。

自分だったらどう検索するか?」と考えて、実際に検索してみましょう。

ここで、キーワードの詳しい性質を分析せよとアドバイスする人もいます↓↓

  • 検索エンジンで予測候補に挙がるか?
  • 検索ボリューム
  • 競合が強いか弱いか?
  • 競合のタイトルのキーワード出現率 etc

分析は時に有効な手段であると思います。

しかし、トレンドアフィリエイト実践において分析のしすぎは「」です。

なぜならば、分析をしているこの瞬間にライバルに先を越される可能性があるからです。

投稿までのスピード命」のトレンドアフィリにおいてはモタモタする余裕はありません。

最低限意識すべきことは、1つだけです↓↓

検索エンジンで予測候補に挙がるか?

予測候補に挙がっているキーワードは、実際に検索されているキーワードです。

確実に需要があることがわかれば、安心して記事を執筆できるのではないでしょうか?

では、検索エンジンの予測候補に挙がらないキーワードは諦めるべきでしょうか?

基本的には、予測候補に挙がらないキーワードは避けるのが無難です。

但し「今は検索されないが近い将来検索される」確信があれば話は別です。

「未開拓のキーワード=ライバル不在」なわけです。

未開拓のキーワードを突き止めれば、それだけで簡単にアクセスをゲットできます。

未開拓のキーワードを探す簡単な方法は、メールマガジンなどで紹介する予定です。

さて、今回は「○○ 熱愛 本当」のキーワードで記事を執筆するとして話を進めます。

次に、競合調査のために「○○ 熱愛 本当」のキーワードで検索してみてください。

競合のどのポイントを詳しくみれば良いでしょうか?

目次に戻る↑↑

競合調査(3)

必ずみるべきポイントは、3つだけです

  1. 競合のタイトル
  2. 競合が扱っているテーマ
  3. 文字数

競合のタイトル(3-1)

検索順位1位を達成するのは、運の要素を無視できません。

ですから、「検索順位が3位でもクリックしたくなる」タイトルを付ける必要があります。

例えばライバルが以下のようなタイトルをつけていたとします。

○○の熱愛は本当だった?嘘と願う印象的なファンの声10選

熱愛報道が嘘であって欲しいファンの共感を掴む作戦なのでしょう。

似たようなタイトルをつけても、検索順位上位の影に埋もれてしまいます。

そこで、少し印象に残る切り口でタイトルを考えてみることにします。

○○の熱愛が本当だと確信できる女△△の影」みたいなタイトルはどうでしょう?

少し週刊誌っぽくなってきましたね。

競合調査の時点では、仮のタイトルを意識できる程度で十分です。

競合が扱っているテーマ(3-2)

競合の記事を実際に見てみましょう。

意識すべきは、「競合が取り扱っているテーマの数」です。

検索上位に君臨する記事は、Googleが現時点で正解と認めているわけです。

正解がわかっているのですから、パクらないといけません。

しかし、パクるならそれ以上の記事を書き上げるのが礼儀です。

もちろん、競合の文章をそのまま拝借するのはNGです。

パクるのは「テーマの数」だけです

もし、競合が2つのテーマについて記事を書いていたら?

あなたは、3つ以上のテーマについて語れば優位に立てるでしょう。

文字数(3-3)

トレンドアフィリエイトで必要な文字数は?と疑問に感じたことはありませんか?

最低文字数を一定の基準に設定することに意味はありません。

最低でも600文字、1,000文字、なんて基準は意味がないんです。

テーマを解消するのに必要最低限の文字数を用意すべきです。

必要最低限の文字数というのも少し抽象的かもしれません。

でも、競合のサイトをみればすぐにその時点での答えを知ることができます。

目次に戻る↑↑

記事の構成(4)

中心となるテーマは既に決まっているはずです。

そして、競合が扱っているテーマも抽出できているはずです。

それらのテーマを、話しやすい順序で並べてみましょう

記事構成で注意すべき点は2つだけです。

  1. 新しい情報を書く
  2. 重要な情報を書く

新しい情報を書く(4-1)

古い情報から書き出すと、最新情報がないと勘違いされる恐れがあります。

検索者は誰でも「早く情報が知りたい!」と思っています。

新しい情報を先に提供して安心させてあげるのが親切心というものです。

重要な情報を書く(4-2)

重要な情報があれば、最優先で記載すべきです。

枝葉末節な情報は、本来であれば文章として残す必要がないものです。

但し、検索エンジンは情報がないサイトより、あるサイトの方を優遇します。

あくまで検索エンジンへの対策として枝葉末節な情報を残す必要もあるでしょう。

但し、サイトが成長すれば少ない文字数で上位表示される可能性も高くなります。

さじ加減については、実践する上で模索してみてください。

目次に戻る↑↑

本文作成(5)

本文を作成する上で一番大事なことはなんでしょうか?

細かいテクニックをお伝えすることは簡単なのですが、あえて省略します。

心の準備はいいですか?

わたしが考える本文作成で一番重要なことはコレです↓↓

作業をこなすことだけに集中すること

トレンドアフィリエイト実践中は気分が上がらないこともあると思います。

そのため多くの人は「モチベーションを保つ方法」を考えるようになります。

でも、以上のような考え方は根本的に間違っていると思います。

モチベーションがないと仕事できないのでしょうか?

モチベーションに依存して仕事をするのは危険です。

なぜならば、モチベーションは持続しにくく抽象的なものだからです。

そこでオススメなのは、「感情を無にして作業する」ことです。

作業が進み進捗がわかり、成果が出ると不思議とやる気はでてきます。

目次に戻る↑↑

関連記事の紹介(6)

記事を書き終えた充実感に浸るのは少し早いです。

一つの記事を書き終えたら、関連記事を紹介しましょう。

関連記事同士をつなぐことで、サイトはますます強くなっていきます

紹介の仕方が上手ければ、別の記事を読んでくれる可能性は高まります。

実は、一人でサイトを構築する利点は「関連記事の紹介」にあります。

複数のライターが運営するサイトでは、ライター同士が他人の記事を把握していません。

ですから、機械的に同じカテゴリー、タグ付けされた記事が自動表示されるだけです。

実際にメディアを運営している人ならわかるはずです。

自動表示された関連記事はあまり読まれないという事実を。

検索者の立場になって考えればわかります。

○○と同じグループの△△の熱愛事情はこちら>>」とあればクリックするかもしれません。

SMAP木村拓哉の記事に興味がある人は、別メンバーの記事に興味をもつ可能性は高いです。

検索者の立場になる」ことは、一人の訪問者に沢山の記事を読んでもらう秘訣でもあります。

目次に戻る↑↑

まとめ

トレンドアフィリエイト攻略には乗り越えるべき壁が沢山あります。

実践中で「しっくりこない」とお悩みの方は、以下の記事をご覧下さい。

トレンドアフィリエイトを実践する上で大事なことをまとめて解説しています!

Return Top