月刊マネー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

相続人に関する争族事例~よくある4パターンとは?

相続人に関する争族事例~よくある4パターンとは?

遺産をもらう権利は「法律」で明確に定義されています。

故人と疎遠な人でも相続する権利はあります。

逆に、親密な関係があっても遺産をもらう権利があるとは限りません。

知らなかった」で済まされないのが相続問題の怖さでもあります。

本記事では、相続人に関する争族事例を紹介していきます。

あなたの周りにある争族の火種に気づくきっかけにしてください!


Sponsored Links

相続人に関する争族事例

【目次】

  1. 夫の兄弟が相続を主張
  2. 元配偶者が葬式に顔を出す
  3. 連れ子同士の争い
  4. 同居の嫁の相続事情

夫の兄弟が相続を主張(1)

子なし夫婦は争族の火種を抱えています

今回は、夫が亡くなった場合を考えます。

もし、夫が天涯孤独の身なら、遺産の全額が妻のものです。

しかし、夫の親が存命だったり、夫に兄弟がいた場合、妻は遺産の全額を受け取れません。

夫の親が存命の場合、遺産の取り分は以下のようになります。

  • 妻 ⇒ 2/3
  • 夫の両親(祖父母) ⇒ 1/3

また、夫の兄弟がいた場合、遺産の取り分は以下のようになります。

  • 妻 ⇒ 3/4
  • 夫の兄弟 ⇒ 1/4

以上のように、妻以外にも財産を所有する人がいることが問題なのです。

例えば、遺産の大部分が不動産だった場合には解決することが難しくなります。

夫の親や夫の兄弟に遺産を分けるために不動産を売却する必要に迫られることもあります。

妻に財産を全額渡す方法はあるのでしょうか?

まずは、夫の両親が存命の場合に、妻が遺産の全額を受け取ることが可能かを考えます。

法律上、夫の両親には最低限遺産をもらう権利が保障されています。

最低限遺産をもらう権利を遺留分といい、夫の両親には遺産の1/6を相続する権利があります。

そのため、遺言書で財産の全額を妻が受け取るように指定しても無駄なのです。

遺言書には遺留分の侵害を認めさせるほどの法的な効力がないからです。

但し、夫の両親が亡き息子の妻を苦しめることはほとんどないでしょう。

私たち(夫の両親)は相続放棄します」と言ってくれる可能性は十分あります。

次に、夫に兄弟がいる場合に、妻が遺産の全額を受け取ることが可能かを考えます。

法律上、夫の兄弟には遺留分はありません

そのため、遺言書で遺産の全額を妻が受け取るように指定しても問題ありません。

目次に戻る↑↑

元配偶者が葬式に顔を出す(2)

元配偶者が葬式に顔を出す際に、遺産の相続を求めることがあります。

もちろん、元配偶者には遺産相続する権利はありません。

しかし、元配偶者と故人との間に生まれた子供には相続権があります。

息子には相続権があるので無視しないでくださいね!」と釘を刺しにくるのです。

葬式の時に迷惑な話だと感じるもしれません。

しかし、冷静に考えれば先方から顔を出してくれるのはありがたいことなのです。

なぜならば、法定相続人が腹違いの兄弟の存在自体を認識していないことがあるからです。

戸籍謄本・除籍謄本等を本格的に調査して始めて、腹違いの兄弟の存在を知ることがあります。

遺産相続の協議は、原則として法定相続人全員の承認が必要です。

法定相続人の一部を無視して遺産分割をしても「無効」になることは覚えておきましょう。

目次に戻る↑↑

連れ子同士の争い(3)

連れ子がいる男女が再婚することも珍しくありません。

この場合、夫婦とそれぞれの子供の全員が同じ戸籍に入っていないケースがあります

日本では結婚する場合、妻が夫の戸籍に入るのが慣習です。

妻の子供が妻と一緒の戸籍に入っている場合には問題は発生しません。

なぜならば、妻が夫の戸籍に入るタイミングで子供も夫の戸籍に入るからです。

問題は、再婚前に、妻の子供が妻と一緒の戸籍に入っていない場合に発生します

妻に監護権(一緒に暮らす権利)があっても元夫の戸籍に入っていることがあるのです。

夫が亡くなった場合、夫と一緒の戸籍に入っていない子供には相続権がありません

血のつながった子供配偶者の連れ子を分け隔てなく育てても相続とは無関係です。

相続権がない子供の不満が爆発しても不思議ではありません。

相続トラブルを回避するには、養子縁組するか不備のない遺言書を用意する他ありません。

目次に戻る↑↑

同居の嫁の相続事情(4)

夫の両親、夫、妻が同居しているケースを考えます。

夫の両親が亡くなった時、夫の妻には相続権がありません。

夫の嫁が故人の介護をしていても、相続権自体がないのですから報われません。

夫が生きていれば、家計を一緒にする夫が相続から報いを求めることができます。

救われないのは、夫が既に亡くなってしまっている場合です。

夫の兄弟がいる場合、夫の両親の遺産は、夫の兄弟が相続することになります。

故人の財産の大部分が不動産の場合、嫁が家を追われる可能性も十分あります。

嫁に遺産を残す場合には、故人と嫁が養子縁組するか遺言書を残す必要があるのです。

目次に戻る↑↑

まとめ

相続人に関するトラブルの火種を見つけたら、早めに対策しておきましょう!

なお、相続トラブルをさらに詳しく知りたければ以下の記事を参考にしてください。

Return Top