月刊マネー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遺産相続の順位・法定相続人をわかりやすく図解します!

遺産相続の順位・法定相続人をわかりやすく図解します!

遺産が誰に相続されるのかご存知ですか?

相続人について正確に知らないと思わぬトラブルが発生します↓↓

  • 相続させたくない人に財産が渡る
  • 相続させたい人に財産が渡らない
  • 財産が国に没収される etc

本記事では、相続人について図を用いてわかりやすく解説しています。

是非とも参考にしてください!


Sponsored Links

遺産相続の順位の決まり方

【目次】

  1. 法定相続と指定相続
  2. 相続人になれる者の範囲
  3. 法定相続人を決めるルール
  4. 法定相続人の細かいルール

法定相続と指定相続(1)

まずは、以下の2つの言葉について正確に理解しましょう。

  • 法定相続
  • 指定相続

法定相続とは、民法の規定に基づいた相続です。

一方で、指定相続とは遺言書に従って分割される相続のことです。

なお、遺言書で指定された者を「受遺者」(じゅいしゃ)と呼びます。

つまり、法的相続人でない人に財産を残したければ遺言書が必要です。

さて、法定相続人と受遺者のどちらに強い権限があるでしょうか?

答えは、「受遺者の方が法定相続分よりも強い」です。

相続では、民法の規定より故人(被相続人)の意思が優先されるルールがあります。

但し、法定相続人には最低限相続する権利(遺留分)というものがあります。

そのため、財産の全てを受遺者に相続させるということはできません。

目次に戻る↑↑

相続人になれる者の範囲(2)

相続人 範囲

上図は、相続人になれる者の範囲を示しています。

民法では、相続人の範囲は「血族・配偶者」と定められています。

配偶者に加えて直系卑属、直系尊属、傍系血族には相続人になる権利があります。

なお、胎児、養子、認知した子なども相続人になれます。

但し、認知していない子などは法定相続人になれません。

細かいルールについては、以下の表を参照ください。

法定相続人  なれる人 なれない人
配偶者
  •  婚姻関係にある妻(夫)
  •  内縁の妻や夫
  • 愛人
  • 前妻(夫)
直系卑属
  • 胎児
  • 養子
  • 認知した子
  • 認知していない子
  • 再婚の場合の再婚相手の連れ子
直系尊属
  •  父母
  • 養子縁組をしていない継母(父)
  • 義理の父母
兄弟姉妹
  •  兄弟姉妹
    (半血兄弟も含む)
  •  -

さて、相続人になれる権利があれば誰でも相続人になれるわけではありません。

民法では、相続人の範囲の中で順位を決めるルールを定めています。

そして、誰が存在しているかによって相続人が決まるのです。

もちろん、後の順位にランク付けされた人は相続人にはなれません。

相続する優先度が一番高い人達を「推定相続人」と呼びます。

なぜ「推定」の二文字が付属するのでしょうか?

なぜならば、推定相続人が必ず相続人になるとは限らないからです。

相続放棄や廃除・相続欠格(犯罪者 等)により相続権を失うケースもあります。

次に、相続人の順位を決めるルールについて詳しく解説していきます。

目次に戻る↑↑

法定相続人を決めるルール(3)

相続 優先順位

上図は、夫(灰色)が亡くなった場合の相続人の優先順位を示したものです。

法定相続人の順位には、以下3つのレベルがあります↓↓

  • 第一順位(直系卑属:子供、孫 等)
  • 第二順位(直系尊属:祖父、祖母 等)
  • 第三順位(傍系血族:おじ、おば 等)

第一順位である直系卑属がいる場合、法定相続人は直系卑属になります。

第一順位になる人がいなければ、第二順位の直系尊属が法定相続人になります。

第二順位の直系尊属に法定相続人がいなければ、第三順位の傍系血族が相続人になります。

以上が、法定相続人を決める大まかなルールです。

細かいルールについては、以下の箇条書きをご覧ください↓↓

※ 箇条書きの番号は、上図の番号と対応しています

  1. 配偶者は常に相続人
  2. 配偶者に加えて、子(息子・娘)がいる場合は「第一順位」の相続人になる
  3. 子が既になくなっている場合には、孫が代わりの相続人(代襲相続人)となる
  4. 孫が既になくなっている場合は、ひ孫にと何代でも代襲できる
  5. 第一位の相続人がだれもいない場合は、第二順位の直系尊属が相続人になる
  6. 祖父母が共になくなっている場合は、曾祖父母にさかのぼる
  7. 曾祖父母もすでに亡くなっていれば、何代でもさかのぼる
  8. 第二順位の相続人がいない場合は、「第三順位」のおじ・おばが相続人になる
  9. おじ・おばが既に亡くなっている場合は、その子であるいとこが代襲相続人になる
  10. いとこもすでに亡くなっている場合は、その子は代襲相続人になれない

なお、配偶者は相続発生後に再婚しても相続人としての権利は失いません。

但し、続開始前に離婚した過去の配偶者には相続権はありません

なぜならば、離婚時に夫婦の共有財産は分割しているはずだからです。

目次に戻る↑↑

法定相続人の細かいルール(4)

法定相続人に関する細かいルールについて解説します↓↓

  1. 未入籍の夫婦
  2. 非嫡出子の相続

未入籍の夫婦(4-1)

結婚式を挙げていたとしても、未入籍なら相続人ではありません。

非嫡出子の相続(4-2)

婚姻関係にない男女の間に生まれ、認知された子供を非嫡出子といいます。

非嫡出子にも相続権がありましたが、実子(嫡出子)と比較して不利でした。

非嫡出子は、嫡出子の半分しか遺産を相続する権利がなかったからです。

しかし、2013年の民法改正により、非嫡出子と嫡出子の権利に差はなくなりました

しかし、見方を変えれば愛人の子も実子と同等に扱うという意味でもあります。

相続トラブルにならぬように、生前に対策しておくのが望ましいです。

目次に戻る↑↑

まとめ

現代では、離婚や複雑な家庭環境も珍しくはありません。

新しい相続人が現れれば、相続対策の全てがやり直しになるリスクがあります。

トラブル回避のためにも、納得いく相続のためにも相続順位のルールは把握しておきましょう。

なお、相続対策の流れは以下の記事を参考にしてください↓↓

Return Top