月刊マネー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

MUFGコインって?一企業が通貨発行権をもつ本当の意味とは?

MUFGコインって?一企業が通貨発行権をもつ本当の意味とは?

MUFJコイン?誰が使うの?笑

今の段階では、多くの人が否定的な意見を持っていると思います。

似たような状況は、スマートフォン発売当初にもありました。

スマートフォン発売時、携帯の販売員ですら「誰が買うの?」と思っていました。

将来的にMUFJコインは、決して無視できない存在になることは間違いありません。

仮想通貨を使わない・知らないでは、経済的不利益を被る可能性すらあります。

MUFJコインについて、しっかりと理解しておきましょう。


Sponsored Links

MUFJコイン誕生の衝撃とは?

【目次】

  1. ビットコインの革新性
  2. ビットコインの限界
  3. MUFJコインの革新性
  4. MUFJコインの今後の展望

ビットコインの革新性(1)

ビットコインもMUFJコインも仮想通貨でしょ?

「円」でないという点では、ビットコインもMUFJコインも似たような存在です。

しかし、ビットコインとMUFJコインには決定的な違いが沢山あります

ビットコインとMUFJコインは、似ているように見えて全くの別物です。

MUFJコインについて深く知るには、ビットコインを知るのが近道です。

そのため、まずはビットコインについて簡単に解説します。

今回解説したいビットコインの特徴は、以下の4点です。

  1. ビットコインの価値の裏付け
  2. 発行量を勝手に変更できない
  3. 特定の発行者がおらず改ざんが難しい
  4. 金融機関を介さず送金が可能

ビットコインの価値の裏付け(1-1)

ビットコインの価値の裏付けるのは「計算量」です。

ビットコインのシステムを運営するためには、膨大な計算量が必要になります。

膨大な計算を強いるのは、データ改ざんを防ぐためです。(詳細は後ほど説明します)

つまり、計算そのものが「カネを生み」、「改ざんを防ぐ」という画期的な仕組みなわけです。

発行量を勝手に変更できない(1-2)

新たなビットコインが生まれるペースは事前に決まっています。

そのため、ビットコイン価格の大部分は需要と供給で決まります。

円の流通量が、金融政策によって大量に増加するのとは対照的です。

特定の発行者がおらず改ざんが難しい(1-3)

ビットコインには特定の発行者がいません。

特定の発行者がいないことに、不安に感じるかもしれません。

しかし、特定の発行者がいないからこそ健全性が保たれるという側面もあります。

例えば、ハッカーにとって銀行や金融機関へのハッキングはやりやすいです。

なぜならば、どこを攻撃すれば良いか既に判明しているからです。

一方で、ビットコインの取引は、世界中のコンピューターが監視しています。

改ざんするためには世界中のコンピューターを上回る計算量が必要になります。

仮に世界中のコンピューターを上回る計算量を持っていたら?

それでも悪事を働くメリットはありません。

なぜならば、悪事を働く計算量でビットコインを発掘する方が利益になる仕組みだからです。

金融機関を介さず送金が可能(1-4)

ビットコインの送金は金融機関を介する必要がありません。

メールを送る感覚でビットコインのやり取りが可能です。

しかも、世界のどこに送金しても手数料は数十円という安さです。

以上、ビットコインの特徴を4点紹介しました。

一方で、ビットコインにも欠点があるので説明していきます。

ビットコインの限界(2)

ビットコインには2つの大きな弱点があります↓↓

  1. 価値保存としての役割が弱い
  2. 発行量をコントロールできない

価値保存としての役割が弱い(2-1)

ビットコインは通貨なのでしょうか?

通貨の役割は以下の3つです。

  1. 一般的な決済手段
  2. 価値尺度
  3. 価値保存

ビットコインは24時間いつでも円に両替することができます。

そのため、一般的な決済手段として認められてもいいでしょう。

また、円に両替できるのでモノをビットコイン価格で換算するのも容易です。

そのため、価値尺度としての役割も果たすことができます。

では、価値保存としての役割はどうでしょうか?

ビットコイン価格は、増減が激しいことで知られています。

増減が激しい理由は、取引量が安定していないからです。

今、海外で暮らす親戚にビットコインで送金することを考えます。

円をビットコインに両替し送金するまでの短い時間であれば価格変動は大きくありません。

そのため、送金手数料が安いビットコインで送金するメリットは確かに存在します。

しかし、1週間、1ヶ月後、1年後にビットコインの価格がどうなるかは誰にもわかりません。

何かのきっかけで、ビットコインが暴落する可能性も十分あります

仮に取り付け騒ぎがおきても、それを止めることは誰にもできないのです。

つまり、ビットコインの「価値保存」としての役割は非常に限定的なのです。

発行量をコントロールできない(2-2)

ビットコインの発行量は、誰にもコントロールできません。

むしろ、恣意的にコントロールできないように設計されています。

この点が、ビットコインの素晴らしい点だと主張されることが多いです。

ビットコインは物価を安定させる役割を期待されていました。

特に、政府のインフレ欲求対抗策の切り札と見なされることも多いです。

インフレとは、物価に対して相対的にお金の価値が下がることです。

特に莫大な借金を抱える日本などは、特にインフレ状態の方が嬉しいです。

なぜならば、インフレになれば借金の価値が実質的に目減りするからです。

日本政府が頑なにデフレ脱却を目指すのは、ちゃんと理由があるのです。

ここでビットコインの登場です。

競合する通貨があれば、政府はむやみやたらにインフレを目指さなくなります。

なぜならば、お金の価値が目減りすれば、競合する通貨に資金が移動するからです。

持ってるだけで価値が目減りする通貨をもっていたいとは思いませんよね?

以上が、政府が恣意的にインフレを目指す事が困難になるという理屈です。

一見欠点がない理屈に思えます。

確かに一時的なインフレ欲求の歯止めにはなるかもしれません。

しかし残念ながら、ビットコインには物価を安定させる役割はありません

なぜか?

ビットコインの流通量を増やすことはできても減らすことはできないからです。

ビットコインを市場から回収するためには、大量の資金力をもった管理者が必要です。

しかし残念ながら、ビットコインの流通量をダイナミックに操作する管理者はいません。

ビットコインにも、管理者がいれば。。。。。

そこで登場するのがMUFJコインというわけです。

MUFJコインの革新性(3)

MUFJコインがビットコインを上回っている点は2つです。

  1. MUFJの約170兆円の資金力
  2. 潜在ユーザー数4,000万人

MUFJの約170兆円の資金力(3-1)

MUFJには約170兆円の資金力があります。

170兆という金額は、ロシアのGDPを超えています。

極論すれば、MUFJコインの利用者がいなくても価値は保証されるでしょう。

なぜならば、MUFJという巨大資本がMUFJコインを買い支えてくれるからです。

需要と供給だけで価値が決まるビットコインとは対照的です。

ビットコインの場合は、一度値を下げたら暴落が止まらないリスクがあります。

なぜならば、買い支える巨大資本がいないことを参加者の全員が知っているからです。

潜在ユーザー数4,000万人(3-2)

ビットコインのユーザー数は世界中に約1,300万人いるといわれています。

一方で、MUFJコインのユーザー数を口座数から割り出すと4,000万人という試算もあります。

資金力の上でも、ユーザー数の上でもMUFJコインはビットコインよりも有利な立場にいます。

MUFJコインの今後の展望(4)

MUFJコインは、送金手数料が安いという利便性を持ち合わせています。

なおかつ、物価をモニタリングして供給量を変化させることも不可能ではないでしょう。

つまり、インフレもデフレもない通貨が実現する可能性を秘めています。

政府のみが通貨発行権を牛耳ってきた過去の歴史からは考えられない事態なのです。

政府にはインフレ欲求があることは既に説明しました。

しかし、デフレの方が良いというわけではありません。

なぜならば、デフレで一番得をするのは預金を蓄えた富裕層だからです。

住宅ローンなどの借金を抱えた一般人はデフレで嬉しいことはありません。

つまり、経済全体で見れインフレもデフレもないのが理想なのです。

MUJFコインによりインフレもデフレもない時代に歴史上はじめて突入するかもしれません。

まとめ

MUFJコインの可能性はとてつもなく大きいのは確かです。

しかし、運用上のリスクや運用方針については未公表の部分が多いのも事実です。

平成29年度までに発行される予定なので、公式発表を楽しみに待ちましょう。

公式発表があり次第、本記事も随時更新する予定です。

もし、MUFJコインが軌道に乗ればあらゆる企業がコインを発行に乗り出すでしょう。

Googleコイン、アップルコイン、トヨタコイン、、、、、、

資本のある一企業が通貨発行権をもつという前代未聞の時代に突入します。

その時の世界がどうなっているかを予測するのも知的好奇心をそそりますね!

Return Top