月刊マネー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

遺産を分割する4つの方法【参考事例で注意点も解説!】

遺産を分割する4つの方法【参考事例で注意点も解説!】

遺産分割の方法は決まっていますか?

遺産相続額を決めた後は、具体的な分割方法を決めましょう。

しかし、実際に分割方法を決めるのは簡単ではありません。

なぜならば、全ての遺産が簡単に分割できるものではないからです。

例えば、不動産を複数に分けたくても簡単にわけるわけにはいきません。

ここからは、遺産分割の具体的な方法を紹介します。


Sponsored Links

遺産を分割する方法

【目次】

  1. 遺産を分割する4つの方法
  2. 遺産を分割してみよう!重要!

遺産を分割する4つの方法(1)

遺産を分割する方法は4つあります↓↓

  1. 現物分割
  2. 換価分割
  3. 代償分割
  4. 共有

現物分割(1-1)

現物分割とは、遺産を現物のまま分配する方法です。

不動産、現金、預金等を現物のまま分けるのが一番シンプルな方法です。

手続き上も、現物分割が一番簡単です。

しかし、相続人に平等に財産を分けられるケースは稀です。

財産の大部分が不動産だったり、相続人が多ければ尚更現物分割は困難です。

換価分割(1-2)

換価分割は、遺産を売却しお金に換えて分割する方法です。

全ての財産を売却できるのなら、トラブルを避けることが可能です。

しかし、財産の売却は、時には非常に面倒になることがあります。

不動産を売却しようにも、1年以上も買い手がつかないケースだったあります。

そもそも、財産の売却に相続人の一部が反対すれば換価分割は簡単ではありません。

例えば、先祖代々から受け継いだ土地や建物があったらどうしますか?

先祖代々の不動産に、相続人の誰かが住んでいたらどうしますか?

財産を売らずに、遺産を分割する方法があります。

それが代償分割です。

代償分割(1-3)

代償分割とは、現物分割で補えない部分を手持ちの現金などで調整する方法です。

現金で調整すれば、相続人同士でいさかいが起きる可能性を減らすことができるでしょう。

処理しにくい不動産よりも現金の方が嬉しいという場合もあるはずだからです。

但し、調整すべき金額が大きくなれば現金で調整するのも困難です。

どうしても分割するのが難しい場合は、「共有」という選択肢もあります。

共有(1-4)

財産を共有すれば、一旦はトラブルを回避できるかもしれません。

実は、共有するという選択肢は「最悪」の一手です。

なぜならば、将来の処分がとても面倒になるからです。

例えば、一つの土地を相続人2名(A、B)の共有名義にしたとします。

その後、相続人の一人(A)が亡くなり、その子供(a)がその土地を相続します。

さて、土地を相続した子供aが「土地を売ろう!」と思っても簡単にはいきません。

なぜならば、不動産の売買は名義人全員の同意が必要だからです。

aは、共有名義人のBを探し出し、土地の売却について同意を得る必要があります。

もし、知らないうちにBが亡くなり、Bの子供b,c,dが相続していたら?

当然ながら、Bの子供全員(b,c,d)に合意を得る手間が発生するのです。

さて、、、、、

これまで財産を分ける4つの方法を紹介しました。

これ以降は、実際に遺産を分割してみましょう!

目次に戻る↑↑

遺産を分割してみよう!(2)

以下3つの手順で遺産を分割すれば、トラブルは回避しやすいです。

  1. 分割割合の決定
  2. 遺産分割リストの作成
  3. 分割方法・納税額の調整

分割割合の決定(2-1)

遺産分割の割合は、比較的自由に決めることができます。

しかしまずは、法律どおりの分割割合(法定分割分)を知ることから始めましょう。

法律に沿った分割割合は、以下の図で整理しておきます。

法定相続人 遺留分

今回は、母、長男、長女の3名で遺産を分割すると仮定して話を進めます。

法定相続分に沿った分割割合は、以下のようになります。

  • 母 ⇒ 財産の50%
  • 長男 ⇒ 財産の25%
  • 長女 ⇒ 財産の25%

なお、遺留分を侵害しない範囲内であれば、相続の配分は変更も可能です。

遺産分割の準備(2-2)

遺産リスト

上図は、財産を一覧化したものです。

各財産の、実勢価格、控除額、評価額を整理しています。

あなたも上図と同様に、財産をリストアップして評価してみましょう

ここで着目すべき点は2つあります↓↓

  1. 実勢価格と評価額の差
  2. 債務(借金)は無視できない
実勢価格と評価額の差(2-2-1)

実勢価格の合計(1.75億円)と評価額の合計(0.8億円)には差がある点に着目です。

なぜ差がでるのかわからなければ、以下の記事をご覧下さい。

さて、相続するなら実家と別荘のどちらを選びますか?

実家と別荘は、2,000万円と同じ評価額です。

つまり、どちらを相続しても納税する相続税は同額です。

しかし、特別な事情がなければ多くの人は「実家」を選ぶはずです。

なぜならば、売却した時の価格(実勢価格)を考えれば実家の方が高いからです。

以上のように、評価額と実勢価格の差額を加味するのがトラブル回避のコツです。

納得感の高い遺産分割のためにも、面倒だと思わず実勢価格と評価額を調査しましょう。

債務(借金)は無視できない(2-2-2)

マイナスの財産を無視することはできません。

遺産を相続して潤ったと喜んでも、莫大な借金があれば全てが帳消しになります。

もしあなたに莫大な借金があれば、その事実がわかるようにしておくべきです!

もしあなたが相続する側ならば、財産に手を付ける前に借金の有無を調べましょう!

分割方法・納税額の調整(2-3)

遺産の分割方法を検討しましょう。

一番簡単な相続は、母親一人が財産を全て相続する方法です。

そのためには、長男・長女が相続放棄しなければいけません。

つまり、以下の図のようになります。

母親 全て相続

財産の全てを母親が相続すれば、1億6千万円の配偶者控除を利用可能です。

つまり、相続税を1円も支払う必要がなくなります。

しかし、長男と長女が相続放棄に応じない可能性も十分にあります。

今すぐに、まとまったお金が欲しい」と考える事情があるかもしれません。

その場合は、母、長男、長女の3名で納得のいく配分を目指す必要があります。

法定相続分に沿って考えれば、評価額ベースの配分は以下のようになります↓↓

  • 母 ⇒ 50%(4,000万円)
  • 長男 ⇒ 25%(2,000万円)
  • 長女 ⇒ 25%(2,000万円)

例えば、以下のように財産を配分するのはいかがでしょうか?

財産 配分案

上図のように分ければ、母、長男、長女の分配は法定相続どおりです。

母が4,000万円、長男・長女がともに2,000万円ずつ分けることができます。

しかし、上図の分け方にも問題がないわけではありません。

なぜならば、相続人3名が相続する財産の実勢価格に差があるからです↓↓

  • 母 ⇒ 1億円
  • 長男 ⇒ 4,000万円
  • 長女 ⇒ 3,500万円

年老いた母が実家を相続することに長男・長女が反対する可能性は低いかもしれません。

しかし、長男と長女が相続する財産の評価額には500万円の差があります。

長男が500万円分多く相続するのは許せない!」と長女が主張する可能性はあります。

長女に不満を持たせないために、何かしらの対策を取る必要があるでしょう。

また、少し気が早いですが母親が亡くなった後のことも検討しておくべきです。

特に、実家の取り扱いについては、兄弟がじっくりと話し合っておくべきです。

実家は財産の評価額を圧縮する「お得」な財産であることは間違いありません。

しかし、実家は簡単に分割することはできません。

仮に長男が実勢価格8,000万円の実家を2,000万円として相続したら?

長女は評価額2,000万円の現金を相続して納得できるでしょうか?

目次に戻る↑↑

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上のように、納得のいく遺産分割の実現は一筋縄ではいかないのです。

あーでもない、こーでもないと試行錯誤する時間が必要です。

できる限り、生前に関係者がキチンと話し合っておくのが望ましいです。

もし、被相続人の死後にバタバタと遺産について話し合うことになったら?

ちょっと、怖くなりませんか?

話が上手く成立することのほうが稀なのかもしれません。

相続対策の流れは、以下の記事で説明しているので参考にしてください↓↓

Return Top