月刊マネー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

googleアカウントを作成するわかりやすい説明【図解】

googleアカウントを作成するわかりやすい説明【図解】

Googleアカウントは、Googleのサービスを利用する上で欠かせません。

本記事では、Googleアカウントを作成する手順を詳しく解説します!

Googleアカウントの作成手順

【目次】

  1. 基本情報の入力
  2. ワンポイントアドバイス

基本情報の入力(1)

まずは、Googleアカウント新規作成ページに移動してください↓↓

新規作成ページに移動すると、以下の情報を入力を求められます。

  • 名前(必須)
  • ユーザー名(必須)
  • パスワード(必須)
  • 生年月日(必須)
  • 性別(必須)
  • 携帯電話番号
  • 現在のメールアドレス

上記すべての入力が終わったら、「次のステップ」ボタンをクリックしましょう↓↓

Google 新規アカウント

利用規約に目をとおし、「同意する」ボタンをクリックすれば完了です↓↓

Google アカウント ポリシー

無事に、Googleアカウントの登録が完了しました↓↓

登録完了

入力に悩む項目はないと思いますが、少しだけ補足しておきます↓↓

目次に戻る↑↑

ワンポイントアドバイス(2)

  1. 偽名登録は許されるか?
  2. パスワードを強固にする方法
  3. 携帯電話番号、メールアドレスは登録すべきか?

偽名登録は許されるか?(2-1)

Googleアドセンスを利用する上で、偽名登録は許されません。

なぜならば、報酬の振込先口座は本人の口座以外認められないからです。

名前だけでなく、性別、生年月日も偽らずに本当の情報を入力すべきです。

実は、生年月日は後から簡単に変更することはできません。

後から変更するためには、本人確認書類の提出が求められるなど非常に面倒です。

正直に、本当の情報を入力するようにしてください。

パスワードを強固にする方法(2-2)

パスワードは、忘れない範囲で強固にするべきです。

私の場合、Googleアカウントのパスワードは非常に強固に設定しています。

もしも、パスワードが浮かばないならツールで作成してみましょう↓↓

携帯電話番号、メールアドレスは登録すべきか?(2-3)

携帯電話、メールアドレスは必須入力項目ではありません。

しかし、可能なかぎり登録しておくべきです。

なぜならば、パスワードの再発行などが非常にスムーズになるからです。

目次に戻る↑↑

まとめ

Googleは、アフィリエイターに便利なサービスを無料で提供してくれます。

ブログが育てば、訪問者の半分以上はGoogleの検索エンジンから訪問すると思います。

Googleの土俵で戦う以上は、早めにアカウントを取得しておきましょう!

Return Top