月刊マネー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アフィリエイト初心者が登録すべきASP選定の3STEPとは?

アフィリエイト初心者が登録すべきASP選定の3STEPとは?

大手ASPから零細ASPまで数多くのASPが存在します。

メジャーなASPの全てに登録する必要があるのでしょうか?

全てのASPに登録していたら日が暮れてしまいます。

そこで、本記事ではあなたが登録すべきASPの選び方を紹介します。

アフィリエイト初心者のためのASP選び講座

【目次】

  1. ASP選びの基本知識
  2. ASP選びより先にやるべき○○とは?
  3. ASP選びの手順

ASP選びの基本知識(1)

ASP選びで最低限知っておくべき知識を順に解説していきます。

  1. ASPビジネスの流行
  2. ASP依存はNG
  3. ASP毎に条件は違う

ASPビジネスの流行(1-1)

一昔前までは、ASPは大手数社の独壇場でした。

しかし、ネット広告市場の拡大とともにASPの新規参入も盛んになっています。

ニッチな分野を独占する新規参入者もチラホラ見かけるようになっています。

特に、アフィリエイト塾がASP運営に新規参入する例も目立ちます。

アフィリエイト塾では、優秀なアフィリエイターを多く抱えています。

つまり、広告主からみれば魅力的なASPに映るわけです。

優秀な人が多く集まったASPでは、好条件の広告提携に結びつきやすいです。

広告主としては、実力のあるアフィリエイターの助けを借りたいのが本音です。

以上の話で伝えたいことは、1つだけです↓↓

大手ASPに登録すればそれで良しの時代は終わった

ASP依存はNG(1-2)

ASPに登録すると、ASPから商品・サービスを毎日のように紹介されます。

おすすめプログラムを紹介します。今日は、、、」といった具合です。

しかし、毎日ASPからのメールを見ていたら作業する時間がなくなってしまいます。

また、本当に売れる商品がアフィリエイター全体に告知されることはありません。

こっそりと、実力のあるアフィリエイターにだけ情報が共有されます。

その証拠に、大手ASPの「A8.net」ではアフィリエイターをランク付けしています。

そして、上位のアフィリエイターだけしか閲覧できない情報があると明言しています。

アフィリエイターの実力によって待遇が異なるのは否定しようがない事実です。

正直、ムカつきませんか?

あなたは、初心者向けの情報に真剣に耳を傾けている場合ではありません。

初心者アフィリエイターは、早く実績を認めてもらうことに専念するべきです。

あくまでもASPを利用するぐらいの心構えがちょうどいいと思います。

ASP毎に条件は違う(1-3)

  1. 成果報酬
  2. 成果発生~入金までの期間
  3. CVR
成果報酬(1-3-1)

同じ商品でも、成果報酬の金額がASPによって倍以上異なることがあります。

間違っても「どこのASPと付き合っても大差ない」と勘違いしてはいけません。

わたしは過去に、成果報酬10,000円の案件を取り扱っていました。

当時は10,000円の単価でも十分高いと思っていたので有り難がっていました。

しかし、別のASPから特別な「提案」を受けることで報酬が倍以上になりました。

なんと、成果報酬を25,000円以上に設定してくれるというのです。

詐欺に間違いない」と疑ったのですが、本当だということがわかりました。

広告を張り替えるだけで、報酬が2.5倍以上になることは本当にありえる話なのです。

また、好条件の提案というのは成果報酬の金額だけではないことを説明していきます。

成果発生~入金までの期間(1-3-2)

成果発生~入金までの期間もASPによって異なります。

少しわかりずらいと思うので、実際に会った事例を一つ紹介します↓↓

あるASPでは成果発生、承認、振込までのサイクルは以下のようになっていました。

  • 成果発生 ⇒ 2月1日
  • 成果承認 ⇒ 3月27日
  • 成果締め日 ⇒ 3月末日
  • 振込   ⇒ 4月末日

2月1日に発生した成果が実際に振込まれるまでに3ヶ月の時間が必要になります。

一方で、別のASPでは以下のサイクルになっていました。

  • 成果発生 ⇒ 2月1日
  • 成果承認 ⇒ 2月2日
  • 成果締め日 ⇒ 2月末日
  • 振込   ⇒ 3月末日

2月1日に発生した成果が実際に振込まれるまでに2ヶ月の時間が必要だとういことです。

さきほど比べて、入金までの時間が1ヶ月短くなっています。

さらに注目すべきは、成果発生の翌日には承認されている点です。

アフィリエイターにとっては、成果承認も成果報酬の振込みも早いほうがいいです。

CVR(1-3-3)

ASPによって、バナーやLPが異なることがあります。

バナーとは、ユーザーに表示される広告そのもののことです。

LP(ランディングページ)とは、商品の販売ページのことです。

訪問者は、バナーをクリックし、LPを見て行動を起こすか起こさないか決めるわけです。

そのため、バナーやLPはCVR(成約率)に大きな影響を与える要素になります。

しかし、バナーやLPは、アフィリエイターの力でどうにかするのが難しい領域です。

バナーが目立たなくてダサくても、APSや広告主の意向を無視するわけにはいきません。

また、LPが訪問者の感情を揺り動かさなくてもアフィリエイターは従うしかありません。

あなたは、クリックしてもらえるバナー、反応がとれるLPを使いたいですよね?

ASPを選ぶ時は、バナーやLPにも注目すると意外な発見があると思います。

目次に戻る↑↑

ASP選びより先にやるべき○○とは?(2)

初心者は、ASPから発信される情報に頼りすぎてしまいます。

ASPにオススメされた案件を売ろうと張り切ってしまうのです。

しかし、ASP側が発信する情報を逐一チェックするのは非現実的です。

また、ASP側が発信する情報の多くは「注目案件」でしかありません。

注目案件とは、新規案件か季節にマッチした案件だったりします。

要は、ASP側がアフィリエイターの力を借りたい案件ということです。

アフィリエイトの基本は、「成果のでる案件」を取り扱うことです。

「注目案件」と「成果のでる案件」には大きな隔たりがあります。

ここで言いたことは1つだけです↓↓

ASPよりも先に、売るべき商品を探すべし

売るべき商品とは、成果のでる案件であることはお話しました。

では、成果のでる案件はどうやって探せばいいのでしょうか?

成果のでる案件は、インターネットで探せばすぐに見つかります。

例えば、「ニキビケア」と検索窓に打ち込んでください。

先輩方が取り扱っている商品をみれば、売れている商品は一発でわかります。

複数のサイトをみて、取り扱いのある商品をリストアップしてみましょう。

成果のでる案件を上手にリストアップするコツは、「具体性」にあります。

アフィリエイトもビジネスである以上は、顧客がいるはずです。

顧客像を具体的にイメージすればするほど、売れる商品に近づくことができます。

例えば、ニキビケアに悩むのは未成年だけとは限りません。

大人になってニキビに悩む人もいます。

また、顔にできたニキビではなく、背中にできたニキビに悩んでいる人もいます。

あなたの守備範囲は、どこからどこまでの範囲なのでしょうか?

あなたが助けたい人をできるだけ具体的にイメージすることが重要なのです。

目次に戻る↑↑

ASP選びの手順(3)

ASP選びの手順を整理していきます。

  1. 対象顧客のイメージ
  2. 商品のリサーチ
  3. ASPのリサーチ

対象顧客のイメージ(3-1)

対象顧客をイメージしてください。

例えば、ニキビに悩むどんな人に情報を発信していきますか?

最低限、以下の3点は具体的にイメージしておきましょう。

  • 性別
  • 年齢
  • 具体的な悩み

商品によって、ターゲットにしている性別、年齢は明確に異なります。

どんなに良い商品でも、男性向け商品であれば女性は購入してくれません。

また、「お客様の声」が自分の年齢とかけ離れていても購入してくれません。

顔のニキビに困っている人は、背中ニキビを解消する商品は購入してくれません。

性別、年齢、具体的な悩みを紙に書き出したら次のステップに進みましょう!

商品のリサーチ(3-2)

具体的な悩みを解消すしたい人は、どんなキーワードで検索するでしょうか?

あなたがターゲットにした人が、検索しそうなキーワードを一覧化してみましょう。

そして、一覧化したキーワードを片っ端から検索窓に打ち込んでみましょう。

検索結果に表示されるサイトを実際にみてみれば、売れている商品はすぐに見つかるはずです。

訪問者の立場になって「欲しい」と思える商品を全て記録に残しておきましょう。

ASPのリサーチ(3-3)

アフィリエイトサイトには、LPに誘導するリンクが必ずあるはずです↓↓

  • 公式情報はコチラ
  • ○○の悩みを解消する方法
  • 今すぐクリック!! etc

それらリンクにマウスを合わせると、遷移先のURLが表示されるはずです。

試しに、「ニキビケア おすすめ」で1位表示されていたサイトを覗いてみます。

あるニキビ商品の「公式サイトはコチラ」ボタンを発見することができます↓↓

ニキビケア

上図のように、「公式サイトはコチラ」にマウスを合わせるとURLが表示されます。

URLの表記をコピーして貼りつけてみます↓↓

  • https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=g6040U-s197125q&p=e340934O

上記URLは大きく分けて2つの要素に分解することができます。

  • ASP
  • サイト・ユーザ情報

ASP情報は、前半部分の「track.affiliate-b.com」の部分です。

サイト・ユーザー情報は、「visit.php?guid=ON&a=g6040U-s197125q&p=e340934O」です。

わたしたちが今知りたいのは、ASP情報ですからURLの前半部分に注目すればOKです。

実は、「track.affiliate-b.com」は、「アフィリエイトB」というASPを示しています。

気になる商品があれば、同様の要領でASPを探ってください。

代表的なASPとURLの関係については、以下に示しておきます↓↓

  • A8net ⇒ px.a8.net
  • アフィリエイトB ⇒ track.affiliate-b.com
  • バリューコマース ⇒ ad.jp.ap.valuecommerce.com
  • アクセストレード ⇒ h.accesstrade.net
  • インフォトップ ⇒ www.infotop.jp
  • Link-a ⇒ link-a.net

上記は、初心者でも登録できるASPのほんの一例です。

上記にないURLを発見したら、直接検索窓に打ち込んでください。

ASPの公式情報が、検索結果に表示されるはずです。

目次に戻る↑↑

まとめ

いかがでしたか?

ASP選びよりも大事なことは、商品選定です。

商品選定 ⇒ ASP選定」の順序は必ず意識すべきだと思います。

成果を出していけば、ASP担当者からスカウトされる日も訪れます。

ASPの担当者と情報交換すれば、新しい発見も沢山あると思います。

そして、成果を出し続けることがドンドン楽になっていきます。

いいスパイラルの流れを作り出すまでは、愚直に努力していきましょう!

Return Top